入江美樹 詩集 愛のいたみを 
講談社 昭和43年 C:B 
¥500

 
スタジオ・ボイス VOLUME100 流行通信 1984 3月号 C:C 表紙ヨゴレ
¥1,000
対談の時間  イラストがいっぱい 文庫の読み方  署名本  ご注文の流れ  order
 

頭の軽いタレント 精薄ムードのタレントなどといいたい放題、狙いは渡辺プロダクション。副題は「スターを食いものにする悪い奴は誰だ」。 

竹中労 タレント残酷物語 エール出版社昭和54 C:B 
¥1,800

本体は茶の布装でタイトルは背に金文字の箔押し、函も背にタイトル文字のみ。しばしの休息をめぐる随筆集ですが元はラジオで朗読されたCM集。小沼丹 森茉莉 沢たまき 竹腰美代子 秋山庄太郎 いずみたく 石黒敬七 望月優子 谷内六郎 玉川一郎。 

 

博報堂ラジオCMルーム たばこ随筆 日本専売公社 昭和39年 C:B 非売品 函入 ¥

 
 
昭和20年3月生まれの著者はこの時、出演映画75本、吹込みレコード93曲とある。
 
 
森英恵が「ガラスのように透明」な詩だと巻末で書いている。詩とエッセイで構成された詩集、著者は昭和19年の生まれだとある。

HOME 最新情報 日本映画黄金時代 高峰秀子の本 昭和という時代  奇人・変人・天才  とてもかなわない

百号記念フォトセッション 萩原健一。今よりヴォリュームは薄いけれどトンガッテル雑誌の匂いがプンプンしてくる。 

中西龍49歳から50歳にかけての(生きた)証ともいうべき本、哀調の名文と放送文。 今や時代はめぐりめぐって中西龍を求めているのではなかろうか。

中西龍 人を恋い唄に酔う 柏書房 1984年 C:B ¥1,500


since2004.12.1 Yokohama
 Web古書店 古書藍書房                

人・変人・天才

コメディ、漫才、落語、放送人、歌手、文人・・・ラジオでテレビで雑誌で楽しませてくれた奇人変人たち。時代の先っぽで呼吸していた人たち、輝いていたあの頃その面影。.

吉永小百合 こころの日記 講談社 昭和44年 C:B 
¥1,200

上へ

 

斎藤信也 人物天気図 朝日新聞社 昭和257年 C:B 函入 扉蔵書印
¥2,000

インタビューの神様と評された斎藤信也。 昭和24年12月1日から25年8月17日までの朝日新聞夕刊に連載された100人の探訪記。浅沼稲次郎 芦田均 榎本健一 長谷川一夫 原節子 林芙美子 幸田文 笠置シズ子 水の江瀧子 小津安二郎 永田雅一 中原淳一 高峰秀子ら。
 
後の「私のNHK物語」や「名手名言」のエッセンスが詰まった山川エンタティンメント、昭和人物誌でもあります。装丁・イラストレーション=和田誠。

山川静夫 他人のふんどし 講談社 昭和51年 C:B ¥1,000

 

扉に銀座資生堂前の街頭録音風景の写真が飾られている、はじめての街頭録音は昭和20年11月だったというが千人もの人が集まり評判になったのは翌年の5月ころからだとある。 

藤倉修一 マイク余談 隆文堂 昭和23年 C:B 1ページ破れ補修跡 
¥2,500