ベビー特集、「上を向いて歩こう」1961年 「こんにちは赤ちゃん」が1963年、ともに「夢であいましょう」で紹介されたもの。
週刊平凡増刊 こんにちは赤ちゃん 平凡出版 昭和39年 C:B 
¥1,200 
 
 

懐かしの昭和30年代。町も人も、もちろん子どもたちも元気だったあの頃。しかし血みどろの時代が透けて見えてくる。

対談の時間  イラストがいっぱい 文庫の読み方  署名本  ご注文の流れ  order

HOME 最新情報 日本映画黄金時代 高峰秀子の本 昭和という時代  奇人・変人・天才  とてもかなわない

アサヒグラフ記者が綴る「洞爺丸の遺体にわびる」「第五福建竜丸事件始末記」「二度新婚列車に乗る」「三島由紀夫の新婚旅行」「新宿のうなぎ騒動」ほか。

新延修三 ぐらふ記者←予約オーダ中のためただ今ご注文の受付けを停止しています 有紀書房 
昭和34年 C:B ¥2,500


文化放送編 新制中学一期生の八月十五日 半世紀50歳10人の証言 文化放送報道部 昭和59年 C:B 
¥800

A6変型サイズ。昭和9年生まれの方々は六・三制が発足した昭和22年に新制中学になる。米倉斉加年 灰谷健次郎 愛川欽也 阿部謹也 宝田明ほか。
 
since2004.12.1 Yokohama
 Web古書店 古書藍書房                

昭和という時代
 
 
 
大竹省二のアマチュア時代の写真集。「大竹さんが撮った戦前の昭和の子供達は、まさに僕の世代で、そこに写る少年少女はそのまま僕の少年少女なのだ」(「赤坂檜町テキサスハウス」)と永六輔が書いている。この不思議な瑞々しさ、戦前の風とはこういうものか。

大竹省二  新編遥かなる詩 大竹省二写真集 日本カメラ社 1993年 C:B ¥1,500

インスタントラーメンが発売された昭和33(1958)年が「きょうの料理」テキストが創刊されたとある、「名物先生。人気の味を再現」には阿部なを 飯田深雪 辰巳浜子らの思い出の味を紹介。

別冊NHKきょうの料理 昭和のおかず 日本放送出版協会 2003年 C:B 
¥800

 
 

新橋ガード下あたりの呑み屋に野中花の店があったという、きれいな店とは聞いていなかったけれどこれほどとは、と上坂冬子が書いている(銀座ゆうゆう人生)。

野中花 昭和・奇人、変人、面白人 酒の肴100人たち 青春出版社 昭和58年 C:B 新書版 ¥700

 
昭和50年3月21日、日本で最初のチャリティ・テレソン25時間の記録。

宮城まり子 まり子のテレソン 三笠書房 昭和50年 C:B 帯 
¥800

 
前田武彦に聞く「テレビ黎明期の人気番組を見る」昭和30年代の隠れファンが選ぶ「わが映画女優」(北川れい子 芦川いづみは第2位!)。

荷風! 特集“昭和30年代”東京 
日本文芸社 平成18年 VOL.8 
C:A ¥700